« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004/08/29

もう9月

8月は3回しか更新できなかった。あぁ。。。

明日から一週間ほど出稼ぎです。
稼ぐより出費がかさむかもですが(苦笑)。

半農半民じゃないや、半チェコ半東京在住のshinoさんの日記をリンクしています。
something for a giggle
今回の旅行で「なんでチェコには寄ってくれないのー」と叱られましたが、
また改めてたっぷりと行きたいんですよ、いつになるかな。

それにしても食に対しての尽きない情熱!素敵です。うふ。
9月20日に東京で個展を開く準備で血眼な状態のようです。がんばれ~。

どうやら3日が誕生日みたいです(おめでとうございます)、どらえもんと同じとは、、、妙に納得。

…というわけで、しばらくネット落ちです。
コメントにお返事とかできないです、予めご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローマの休日 その4

7/5

あぁ、最後の日を迎えてしまった。
この日は日曜だったので、車を出していただき近くのIKEAまで。
来年は日本に上陸ですね、楽しみですー。

760.jpg
セール時期だったので、もともと安いのが更に安くて、物欲を抑えるのに苦労しました。

ランチョンマットとひざ掛け等を買い、店内でランチ。
近くのスーパーにも連れて行ってもらう、本当にお世話になりました。

17日間も旅行したのは初めてでした。
もっと詳しい日記を相方が書いてくれることと思いますが、ひとまず私はこれにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カプリの休日 

7/4

この日はカプリだーーー。
…というわけで、
現地のカプリ島ツアーを贅沢して参加しちゃいました。
ミニバスですっとばしてナポリに着き、カプリ島へは4人とガイドさん2人という贅沢なモノ。
現地ガイドのチッタさんの闇の力は大阪のおばちゃんもびっくり。
751.jpg

どんどん横入りをして危機一髪で青の洞窟に入りました。
入ったはいいが、出るのもテクニックがいるわけですね。
入ったとたんに漕ぎ手のおにいさん達が早口でカンツォーネを歌い出すわけです、
早く出るためにもう出口に並ぶ14隻。
752.jpg

洞窟の中でこだまする早送りのカンツォーネとフラッシュと青いエクトプラズム。。。
チッタさん、ありがとう、グラッツェ。
753.jpg

お昼はツアーですから皆で日本人ばかりいるレストランで。
「テンコモリ、テンコモリ!」と叫ぶお兄さん達が、トレーいっぱいのパスタだのお魚のグリルだのを
銘々のお皿に盛り付けてくれます。
ぐらっつぇ(力なく)。

レストランはいまいちでしたが、屋台で買ったレモンたっぷりのフラッペが非常に美味しかったです。

754.jpg


そしてローマに戻ってからご夫婦と合流し、またもや驚愕のディナー。
すでにデジカメのメモリーが残りわずかで写真が無いのですが、
エビのリゾットが秀逸でした。

755.jpg
756.jpg
757.jpg

他にはトリッパやレバーのグリルなどを食べました。昨日がシーフード三昧だったので、肉ばっかり(笑)。
ちょっとヘビーでしたが、明日帰国する2人は思い切り食べてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローマの休日 その3

7/3

この日はコロッセオで暑さと戦いました。
近くのレストランで昼食に食べたのがミラノ風のリゾットとアマトリチャーナ。美味しいのですが、とびきり!という程でもなかったかな(贅沢ものー!)。

741.jpg
742.jpg

真実の鼻に指をつっこみ記念撮影した後、チルコマッシモまで歩いてから帰宅。
近くのレストランosteria pizzeria Nuraghe 通称「犬ネコピザ」さんでmolto buono!な夕食。
南イタリア地方の料理らしく、シーフードがたんまり。

743.jpg
タコのマリネ(だったっけ -^;)
シーフードの盛り合わせは写真だめだめでした、残念。

744.jpg
シーフードのリゾット

745.jpg
極め付きのピザ。切ったところも撮っておくべきでした、中からとろっとチーズが出てきます。
これはとてつもなく旨かったです。

746.jpg
そしてレモンのジェラートまで堪能。
せっかくダイエット成功していたのに、連日付き合ってくださって奥さまには申し訳なかったり。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/20

ローマの休日 その2

7/1

朝から味噌汁ーーー。らりほー。

さて、今日こそヴァチカンへ。
迷路のような美術館で何度も迷いながら、何度もシスティーナ礼拝堂へ、、、。一方通行が多いんですけど、逆流する人に揉まれながら、監視するおっちゃんの厳しい目をジャパニーズスマイルでごまかしつつ、ほぼ全部駆け抜けて観ました。もう少しちゃんとした館内案内があれば良いのになぁ、、、。

r3.jpg

お昼は美術館の中のピザで済ませて、昼からサンピエトロ寺院・ナヴォーナ広場・パンテオンへと。

r4.jpg

ナヴォーナ広場で食べたのが順番にカッサータ・バナナボート・タルトゥーホ(トリュフという意味らしい)。
ベルニーニの噴水に感激しつつも日陰を探しているわたし、、、へろへろしてきました。

r5.jpg

r6.jpg

r7.jpg

ベルニーニの噴水キラリン。
r8.jpg

夜はお好み焼きを作ってみました、ソバの代わりにカッペリーニを使用。
好評でした。お好み焼きしか作れないのか!という疑問は置いといて、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローマの休日 

ええっと、ずいぶん間が開きました、間抜けですね。
すでに忘れかけてますが、ローマで食べたものをツラツラと記しておきます。

6/30

夜行に乗り、翌日早朝にローマに到着。
着く1時間前くらいに朝食を持ってきてくれました。

y.jpg

2人部屋の個室だったのですが、思ったより狭かったです(いや、身体がでかいからですけど)。

ローマのテルミニ駅で「テイカロ、ほのあま」のどうぶつさん(奥様)と感激の再会、何年ブリでしょうか?ダイエット成功したと聞いてましたが、別人のようでしたー。
奥さまにはローマをあちこち案内して頂きました、自宅にもずっと転がりこんでしまい
ほんと甘えっぱなしでしたです。心より感謝ー。

で、朝も早いので、この日のうちにヴァチカンへ行ってしまえという計画をしていたのですが、前日が祝日でヴァチカンは黒山の人だかり。。。
思わず「明日にしようー」という事で、ヴァチカン・スペイン広場・トレビの泉という有名所を歩いて回りました。

スペイン広場の近くで「歩くローマ」に載っていた「Al Vantaggio」で昼食。カプレーゼとカルボナーラとアラビアータとサルティンボッカ、、、昼から食欲大全開です(笑)。オススメです、これだけ食べて41ユーロでした。
r1.jpg

r2.jpg

とにもかくにもイタリアは美味しいです、肌に合っています(笑)。
インスブルックにピザ屋は多かったですけども、やはり何かが違う(あたりまえか)

そして御主人のご帰宅を待ってカンパイ。うちの御主人呑み過ぎ、、、。
こんな感じでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/08/02

インスブルック近郊の町

6/29  ハル、シュバーツ

この日でインスブルックはお別れ。
朝から市内でお買い物をした後、ホテルに戻ってシャワーをつかい、駅に荷物を預けに行く。

インスブルック近郊のハルへ。
塩と銀貨鋳造で有名な町なので、鋳造博物館と塩の博物館に行く。
鋳造博物館は場所がわかりにくい所にありました、調べてから行くほうが良いです。
去年の7月に出来たばかりだそうで、日本語のオーディオガイドもありました、長いですけど(笑)。
最後のshopのところで、銅・銀・金の無地硬貨を選び、自分で刻印機を使いガチャーンと刻印します(有料)。我々は銅のコインにしました。
今では記念コインをたまに作っているものの鋳造産業は行われていないようです。

もうひとつの塩のほうは、閉まってました(悲)。

次はシュバーツ銀鉱山へ。
チロルで人気のある所だそうです。4時過ぎに辿りついたので、ぎりぎりセーフで滑り込みました。
…なもんで2人だけのツアー、ひゃっほー。

06291.jpg

ヘルメットとコートを着てトロッコで山の中にモグリます、寒いです。
ところどころに人形がいたりして佐渡島の金山のような感じですね、お兄さんに銀が含まれているであろう石ころを貰いシュバーツを後にしました。

06292.jpg

インスブルックに戻り、パスタ屋さんで、サラダとブロッコリーグラタンを。
ザッハトルテを食べようと思ったのですが、時間がなく断念。

そしてチロルの夕べというショーを観に行きました。

06293.jpg
いつもよりたくさん回っています。
盛り上がったまま11時過ぎの夜行でイタリア ローマに向けて出発です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーベルンベルガーゼー

6/28 インスブルック3日め

よく寝たのでホテルの朝食をたくさん食べ、少し快復。
地球の歩き方にも載っていない謎の湖「オーベルンベルガーゼー Obernbergersee」を目指す。
ここは「オーストリア・アルプス ハイキング案内」で見つけた所。

06281.jpg

すばらしく澄み切った水と牛(写真では小さいですけど)の競演。
湖の周りの平坦な道をぐるっと一周、カウベルの音を聞きつつ歩きました。

06282.jpg

ヒュッテで食べたスープとグーラッシュも美味しくいただきました、ハーブがフレッシュで旨かったです。
どちらにも入っていたお団子は、ほぐしたパンにひき肉やベーコンを混ぜたクヌェーデルというもの。チロル独特のものでしょうか?
ついでに手こぎのボートまで乗る(笑)。
さすがにここで日本人には会いませんでしたね。

湖も充分堪能したのですが、なんと帰路には更に一面のお花畑が!!!わーわーわー!

06283.jpg

アルプスの花は小さくてワイルドに咲いているものですから、どうも写真うつりがいまいちです。
スイスの花にも心躍ったものですが、ここは思いがけずに目の前に広がったもんですから、疲れも吹き飛びました。
もし季節がなんとかなるならば、お奨めのところです。

気を良くしたので(笑)、インスブルックの町で晩御飯を食べることにしました。
テレジアンブロイという地ビールのお店です、てんこもりのケーゼシュペッツレとヴィナーシュニッツェルで(写真なし)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »