« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/28

れとろ

かえってきました、土曜に。
日曜のマンションで行われるモチつき大会の準備のためにです。
寒さに適応していないので、かなり疲れてしまいました、そして夕方は町会の集いへ、、、。

先週は仕事がらみで実家におりました。
yo

これは母の独身時代のモノで、
戦後、洋裁を習っていた頃のノートと本。
チラシ(ポスター)の裏を使った部分縫いの型紙が挟まっていました。
大阪市のハンコがあり、昭和26年とな。
ノートの後ろのほうには、私の落書きもありました(笑)。

姉は今でも洋裁を教えることが生業なのですが、
しばらくぶりに出てきたノートの母の図面を見て、
けっこう関心してました。わたしもですが。

子供の頃、母が買っていたモードエモードの巻末には、
わけのわからないパターンが載っており、どこがどうなって服になるのか謎でした。
そんな三次元の悩みが、その後の私の脳みそを作ったのかも知れないなぁと、むりやり結びつけてみたり。
(アパレル関係の仕事なのですが、ウィンドウディスプレイのほうに落ち着いてしまったわけでして)

そして甥が、かなりファッションにウルサイやつになりそうです。
いや、今時の高校生はそうなのでしょうか。
入学祝いに買ってあげた「ブラックジャック 16巻セット」にハマッておりましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/20

クリスマスローズの世界展

毎年恒例の「クリスマスローズの世界展」が池袋で。
http://www.sunshinecity.co.jp/promotion/christmasrose/

毎年恒例なのですが、毎年この時期に出張で行けません、悲しい。
初回の時は、相方に一人で行ってもらい、何か買ってきて欲しいと頼むと、
「クリスマスローズの土」を買ってくれてましたっけ。

クリスマスローズが流行っていて、受験生にも人気だそう。

春はすぐそこ『合格の花』
 

「花びらと違って、このガクはなかなか落ちないんですよ。落ちずに咲き続ける。『ガク(学)が落ちない』ということで(受験生に)縁起がいいと言われるわけです」

去年は旅行の時に一鉢ダメにしてしまいましたが、もう一鉢がんばってます、咲くかなー。

…ということで、来週まで留守にします。
じたばた。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/02/14

タイムスリップ グリコ

ちょっこれいと、ちょっこれいと、チョコレートはグリコ♪

タイムスリップ グリコの「花とゆめ」入手(笑)。
DDとトマスがいます、EPO第2号の予告ですね。

timeepo

花とゆめを選んだグリコのスタッフ(代理店か?)の皆さん、あんたはえらい!
でも、もう5年くらい前のだったら、もっとえらかったのになぁ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/02/13

まやかしのあかしやき

東京駅の明石焼きのお店(キッチンストリート)でたべました。
去年の今ごろ、明石で食したたまごやきを思い出して、、、。
こいつは春から縁起が悪い。
トマスのセリフが聞こえてきそうでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/02/11

ぴちょん

お台場にて。f1000021.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/02/10

白紙に戻る 南セントレア

よかったですね、白紙に戻るそうです。

セントレア空港のよい宣伝になりましたね(^_^;)。
地球博に両親と行くことになりそうなんですけど、
知多半島にも行ってみようかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/02/08

渋い

渋谷の現場を終え、パルコの地下の
きもの染色型紙展」へ。

柿渋を塗った和紙を切り出し、沙を貼りノリを置き…
参考 http://www2u.biglobe.ne.jp/~nantenso/imai%20kimiko.htm
そんな長年働いてきた型紙達がわんさか。

江戸小紋の細かな型紙なんて直接見る機会もなく、
「消え行く職人たちの手仕事/昭和30年代の江戸染小紋型紙」を
しみじみ拝見してきました、渋い、渋すぎる。
型紙を照明に仕立てたものは、こりゃまた粋でございましたとも。

500円からの即売や、着物のはぎれもありましたよ。
欲しいなぁと思いつつ、渋々諦めました(^_^;)。
いや、自分で型作ってしまいそうだし。
明日までです、おすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/02

だまって食べる

関西では馴染み深い「巻き寿司の丸かぶり」。
海苔ジャーナルエキスプレスによると、
バレンタインのチョコレートのごとく海苔業界がしかけたモノなのかも知れません。

子供のころから大阪の我家でも毎年だまってかぶってました。
節分の日の食卓は皿に乗った「巻き寿司」とお吸い物のみという事も多々あり、
それはうら淋しいものでした。
それこそ
「文句言わんとだまって食べや!」状態。
言われんでもだまって食べてるやんか…。

それでも小さい頃は、その後の豆まきが楽しく、ごまかされていたのかも知れません。
丸かぶりが全国区になったのは、お母様方が堂々と手抜きできるという、
そんなかくされた陰謀もあるのではないでしょうか。
(自分がやるようになったからわかるだけでして)

昼食に巻き寿司をやってしまい、
帰ったら晩も寿司。残ったら翌日も黙って… ということになった人
いーまーせーんーかー?

さて、そんな巻き寿司。
関西ではしっかり太巻きで、その日の寿司屋はクリスマスイブのケーキ屋のごとし。
でもこちら東京でもコンビニで「恵方巻き」なるミニ寿司が幅を利かせてきております。

でも、小さいんです。
これでは他に何か作らないといけないんです(笑)。
相方は関東の人なので、そんな習わしも無く、
このところやっと慣れてきたみたいです。

相方の家では、大晦日の年越しそばをだまって食べるそうで、
私も慣れてきました。

他にだまって食べる習慣があるものってあるのかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/02/01

まるたけえびすにおしおいけ

南セントレアに対してのトラックバックで、より深く地名について考える日々。
京都の通りを覚える数え唄
「まるたけえびすにおしおいけ~♪…」って知ってますか?
参考
京都よもやま話し

初めしか覚えてないのですが、昔CMで流れてたような。
しみじみしますよねー、我町を大切にしようとしますよね。

んでもとんでもない方向音痴の私には、無駄な唄なのです。
格子状ならましですが、放射状だととんでもない所に行き着きます。
方向音痴につける薬ってないだろうか。

ともかく南セントレアにならないように願っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »