« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/30

あれはたぶん

NHKの「おしゃれ工房
ネコの写真講座の内容で、八二一(はにはじめ)さんが出演されてました。
動いている八二一さん達を見るのは初めてです。

ちなみに明日は犬編ですよー、えみつぁん、あろまるさんー。

三原順さんのファンであるところの八二一さんのアトリエ内部の場面になると、細い眼を見開いて壁の本棚を探す、探す、探す。
挙句の果てにテレビの前にかじりついて探す(よけいわからん)。

…あれはきっと愛蔵版じゃなかろうか、むふふ。

「AKIRA」はでかいのでピンがきてなくてもすぐわかったよ。

そういや某掲示板で、ドラマを見ててマンガ雑誌の背表紙のイラストがマックスだったと、そんな書き込みもありましたね(^_^;)。

それにしてもNIFTY(ココログ)重いぞ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/05/19

北東北 その3

二日酔いが三日酔いになり、よいよい。

海の近くまで散歩をしてニクイ奴を発見。

ao1

そして青森駅の近くにある「アウガ」の「丸青市場」にて贅沢な朝食。

ao2
「三色丼」ふふふ、ふふふふふふ。

さて、
青森といえば、青函トンネル。
そして竜飛岬、北のはずれに電車で行ってきました。
津軽線の最終駅「三厩(みんまや)」で町営のバスがお出迎え。

岬で風に飛ばされそう(か弱いんだもん)になりつつ、
青函トンネル記念館へ。

小腹がすいたのでラーメンを食べてから青森に戻る。
またもや近くの居酒屋で海鮮をメインに飲み食い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/05/18

北東北 その2 弘前

2日めは秋田から弘前へ。
駅から100円バスに乗るも、渋滞で進まない。
歩いたほうが早いと、途中で降りて弘前公園を目指す。

いや、もう、まったくもって桜だらけ。
今までで見た中で、文句なく一番の桜の競演でした。
白鳥もいたよー↓。
hi1
どこを見ても桜だらけでしたが、そこここで何を食べているの?と
つい列に並ぶ。
hi3
チョコレート?何??と思ったら、おでんだそうで。
hi2
見た目よりあっさりとしたコンニャクおでんでした。

hi4
夕方までたっぷり桜な一日でした。

そして青森へ、夜は近くの居酒屋でホタテの刺身に声低く唸る。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

北東北 その1

ゴールデンウィークに東北へいってました(更新遅いって)

ふたりの北東北フリー切符」でまずは角館へ。
しだれ桜も残っており、堤の2キロにわたる染井吉野が満開。
ka1
シートをひいて昼寝をしたあと、ぽんたさんお薦めの「しょうゆソフト」をもとめて彷徨う。
しかし、パンフに載っていたところではなく、3キロほど離れたところで売っているという、
こらー!
しかたなく西村家の蔵にある人形↓で和みつつ、秋田駅へ。
ka2

夜は事前に巨大掲示板で情報を仕入れていた比内鶏の店「味の蔵」へ。
予約をしておいたので入れましたが、フリーだと無理でしたね、あきらめて帰る人が多かったです。
で、まず「鶏の骨酒」。
aji1
ほのかに鶏の香ばしいかおり。
はたはたのお腹の卵がぽりぽり、たたきも流石です。↓
aji2
そして鍋は悩んだ結果「ねぎま鍋」に。
ねぎまといってもマグロじゃないです。

そして〆には「究極の親子丼」!
涙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/14

タイフードフェスティバル

代々木公園にて
タイフードフェスティバル。
すごい人です。f1000035.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/05

三内丸山

三内丸山

そして三内丸山
縄文の風に吹かれて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/04

さらに北へ

さらに北へ

ごらんあれが竜飛崎、北のはずれとー♪
大きな水たまりが目の前にあるけど、足が短いのでまたげない。
北海道が目の前です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘前さくらまつり

弘前さくらまつり

角館・秋田・弘前・青森と移動する。
写真は秋田「味の蔵」で食べた究極の親子丼、飲み過ぎ。
そして弘前公園。
満開の桜の海に溺れる。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/05/02

角館さくらまつり

角館さくらまつり

まつりです、桜だらけです。雨の予報でしたが晴れましたー
武家屋敷のしだれも堤の染井吉野も満開です。
稲庭うどんは関西の私には、ちとしょっぱかったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »