« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/26

まんも その後 2

みなさま連休は如何お過ごしだったでしょうか?
私は風邪でへばってました。
20日くらいから風邪らしき症状。
なのにスタンディングのライブへ行き力尽きました(おおげさ)。
クリスマスのチキンは焼きましたが、ずっと寝たまま、ごめんよ相方。

…というわけで、本日まんもしてきました。
再まんもしても
「どうかなー、やっぱり針で取ろうか」ということで、
針でブスっと細胞を取る検査。

マンモトーンという器具もあるそうですが(事前知識ありすぎ(^_^;)、
エコーを見ながら、注射針で取るというやり方でした。
「採血用と同じくらいの針ですからねー」と先生がエコー片手にぶっすり。

看護士さんが注射器の後ろについているチューブの先(何かついてる)を持っていて、
先生の「しゅこしゅこしてー」という声で、しゅこしゅこします。フイゴのよう?に。

「あれ、なんか難しいなぁ」とか
「固い?あれ、取れない」とか
「こっちに向けて、刺したまま」とか
エコーの画面を見ながら、針を動かしてシコリの細胞を取るんでしょうが、
看護士さんと、先生の連携がわからないままグリグリ。

「しゅこしゅこしてー、もっとしゅこしゅこー」というのが妙に可笑しくて、
そんなに痛くないんだけど、きっと顔面は真っ赤だったハズ。

終わってからバンソウコウを貼ってもらいましたが、先生の爪痕がしっかり3つ残ってました。
激しいワ、センセイ。

今回の結果は来年10日というわけで、生暖かい新年を迎えそうです。

あ、今回のまんもでは、横挟みのときに少しだけ見ることができました、とてもまんもでした(謎)。

さあ、みなさんもレッツまんも!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/12/23

めりーくりすます

それは7年前のこと。

明日は彼女と初めてのクリスマスと男はウキウキしていた。
深夜のコンビニで、おもむろにコンニャクを買い求め、
それを適当な大きさにスライスし、
穴を開けては具合を確かめた。

翌日、仕事を終えてから、新幹線に乗り込む男。
もちろん、水につけたコンニャクも一緒に西へ、西へ。

そして事は起きた。
まろんちっくがとまらない
↑読んでください。

やはり、この時点で考え直せば良かったのか!?
そして、7年後のコンニャクは保存食にもならない。
Pc223614

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/12/13

まんも その後

昨日、人間ドックをした施設から封書が届いてました。
紹介状が同封されており「乳腺外科の先生あて」と書いておりましたよ。
夜に気がついたので、どきどきした一夜を過ごしました。うぃーん。

さきほど施設に電話すると。
「右にしこりがあり、再検査必要です。石灰化しているようですので、そんなに心配ないですが…」とのこと。
うーん、石?化石? 固いのか?
ま、冗談は置いといて、

みなさん、まんもーしましょう~。

明日、施設にまんものフイルムを貰いに行ってきます。
透過できるスキャナを持っているので、やるかも、スキャン(笑)。
アップはしませんけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/12/09

べっぴん色

お友達(というのには、おこがましい?のですが)が西荻窪のギャラリーで、期間限定ショップをしております。
今回はDMを作らせてもらいましたが、またもや誤植。ごめんなさい、うう。もうしません、なにもかも。
be

「べっぴん色」  Peas n' Carrot のcollection。9日から14日まで。
ニヒル牛
BLOG

無理やり送ったワイヤー製のツリー、使えたみたいですね、昔買ったスミスアンドホーケンのものです。
イヤリングキーパーは某メーカーにいたときにフィリピンで作ったもの(笑)。何故持っているのか?自分がデザインしたからってー(ごめんなさい)。

ニヒルな牛って良いですね、ニヒルな豚もどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/08

人間どっくでまんもー

昨日、恒例の「二人で人間ドック」へ行ってきました。
相方の団体保険で格安なんですよ、食事つきで3500円。
前日は夜9時以降、水も飲めなくて!乾いたまま、それも寝不足で突撃。

体重や体脂肪、聴覚、視力、心電図、胃のX線、内臓のエコー、とさまざま。
敏捷性(なし)や柔軟性(なし)まで、、、ありがとう。

そ、そして、今回はマンモグラフィー初体験!

以下、18禁で(笑)

痛いという噂は聞いていたのですが、
そりゃぁもう「まんもー」と叫びそうになりました。
上下と左右から、合計4回マンモーされたわけですね。

ぐいぐいと検査技師の方がおっぱいを掴み、具合よく挟めるようにひっぱるのですよ。
そして、やおらフットコントロールでグイーンと透明板が下りてくるわけです。
おっぱいが小さいと、胸板とおっぱいの境目が わかんないじゃぁないですか、挟めるのか?(先だけか?痛すぎ)

そして、それを片方のみやるわけですから、とても変な体勢になります。
顔も背けないといけないので、挟まれている自分のモノは見ることが出来ません、とても残念でした。

検査技師の方、お疲れ様です。これに関しては、たれているほうが楽ですね。
叶姉妹は楽か、いや、フイルム足らんな、きっと、接ぐのか?(ナンシー風)

ともかく、マンモーするときは心してかかれ。
そして叫んでも輪切りの肉にはありつけないぞ。
(かわりに終わってから、北千住の「バードコート」でウマーぃ焼き鳥でやりました)ふふふ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/12/02

キッチングッズ

グッチ祐三のキッチングッズ。
http://www.guccies.com/shop/s-6/s-6.html

「よくカエル」はいかがですか?<えみちゃん
ちょっと「チッキンガラスボウル」に惹かれています。
(でも、「グ」がいらない…)
ワンダフル包丁とか(犬つき)考えそうですね。
あ、トンぐ(豚つき)ってどう?
(どこで挟むのだ?あ?)鼻???
そういえば、ニョロニョロトングを買ってはみたものの、
http://www.benelic.com/moomin_bc/goods/original/tong.html
いまいちでした(笑)。

料理家といえば、小林カツ代さんがクモ膜下で倒れ、退院はされたと思うのですが、心配です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »