« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/15

スペイン 2

2006.5.10 マドリッド セゴビヤ サラマンカ

マドリッドを出てセゴビヤへ。

白雪姫(ディズニー)のお城のモデルになったアルカサル(城)や、ローマ時代の水道橋(すごーいでかぁーい)を見るも、心はブタの丸焼きである。

P5104150

城の中は甲冑ワールド(弱そうな馬)。

P5104164_1

セメントやアロンアルファは使っていない、積み上げただけの橋、もちろん鉄筋も入ってないだろう。

Cochinillo Asadoは、ここセゴビヤが本場で、街の入り口には「皿」を持ち上げたおじさんの像まである。ブタさんが並んでいる(なむ)。
P5104147

P5104166

来たー!

P5104170


燃やしたーっ!(生ハーブごと燃やし香りをつけたいようだが、すでに焦げ臭い)。

そして、何故「皿」かというと、「皿」で切り分けるのですよ、それほど「柔らかい」ということですね。
残念ながら静止画で切るところを撮ることができませんでした。そして、切ったあとは、その「皿」を床になげつけて割ってしまうのです。

で、私のところに来たのは

P5104172


そして、相方のは、たぶん前足。

P5104173


皮はパリパリでしたが、けっこう匂いが強かったですね。
それでも生後10日くらいの子豚さんだそうです、ごめんよ、ごめんよ、ありがとう。
参考  

そして一路サラマンカへ。
大学都市であり、カエルの街であった。
↓これがそのカエルである。スカルの上に乗っているのがわかるでしょうか?

P5104184

サラマンカのホテルで食べた夕食は、これまた肉でした。
さらにスーパーで「cava」と「イベリコブタのハム」を買って呑む。

ハモンイベリコ100gで4.5ユーロくらいでしたか、やっぱり匂いが強くて塩辛い。

P5104192


テラコッタのブタはセゴビヤで買ったもの。
肉肉した一日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペイン1

更新できないまま六月もなかば。
ギリシャより先にスペインを思い出しつつ、たらたらと。
いつもながら、主に食べたものをつらつらとアップしたいな。
----------------------
2006.5.8
ロンドンまで12時間くらい、トランジット中にビールを呑み、いよいよマドリッドへ(合計24時間くらいかかりましたわい)。
そしてマドリッドには夜中につきました、お腹すいた。
2006.5.9
翌朝、いきなりトレドへ。
途中で寄ったお店でスペイン魂をみかけました。
P5094088

P5094089_1

P5094091

このおちゃめなブツを買わなかったことを後悔する。
まだ初日だったので、これからもチャンスがあると思ったが、このテイストのものには出会わなかった、残念。

さて、トレドは世界遺産にもなっている街。
P5094096

グレコの絵画があることで有名らしいが、あまりグレコは好きではない、グリコは好き。
初日なんで大聖堂とかも真剣に見る。

P5094139

この街のお菓子「マサパン」を自由時間もないのに無理やり買う。

マサパンはこのキューピー↓が焼いている(うそ)。
なんか劇甘でした、マジパンを型に入れ抜いて焼いたという感じです。 

P5094113

そして、マドリッドに帰ってきてからランチ。
スペイン広場近くのレストランでスープとパエリアとデザート(リンク先のメニューがペセタだし)。
し、しょっぱいです、びっくりしました。
P5094116


P5094118

同じフロアに韓国からのツアー団体が。マイキムチを持ってきてましたよ。


さて、それからプラド美術館へ。
ゴヤの黒の時代の作品をじっくり見ました。
日本でプラド展があるから、どうかな?と思ってたのですが、充分楽しめました。

ホテルの近くのコンビ二?で見つけたお寿司。
裏巻きなんて、やるじゃぁないですか!というよりも、海苔が高いのか?

P5094140


そして夕飯はホテルで、さらに塩辛い ほうれんそうスープとお魚のひらき、ご飯がほしい。
スープは全部飲めないほど鹹かった。
P5094141

P5094142


P5094143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »