« よよよ | トップページ | 門司港れとろ »

2006/11/10

届く

先日、マンション1階のポストに高校時代の友人から唐突に郵便ブツが届いた。
お互い東京にいるのに2年以上顔を見てない声も聞いてない。

聘珍樓の紙袋を封筒がわりにして商品券?なんだ?
もーしーかーしーてーーーーっ!
思わずエレベーターの中で開封して叫びそうになりましたよ。(つくづく我慢できんやつだ)

もしかしては的中で、三原順さんのコミックス「ルーとソロモン 3巻」が入っていた。
25年前!の京都のサイン会の時のサイン本だ!(レポートは別の方のです)

当時2人は高校生。授業を抜け出して京都に駆けつけた。
私はアンジーのイラストを描いてもらい、
彼女は「誰を描きましょうか?」という三原さんに、「三原さんを」と答えた(笑。
いやぁ、三原さんマジうけでしたよ。笑いながら怒った顔の似顔絵を描いてくれました。(竹中直人ではないです)
今までそんなリクエストは無かったとおっしゃってましたっけ。

サイン後、握手をして「死ぬまで手を洗わん!」とか言いながら、翌日には洗ってたっけ…。

で、その友人のほうのサイン本は捨てられたことになってたのですよ。
はっきりとおばさんが「捨てた!」とおっしゃってたし。
5年くらい前にも、ひつこく聞いてみたら、「あんたら、気持ち悪い」とまで言われてしまった(苦笑)確かに。

それが、出てきたのですねー、執念ですねーーー。
コミックスがポンと入ってただけで、なんの手紙もメモもない、実に彼女らしいです。

思えば、彼女には三原さんが亡くなった年にもお世話になっている。
「夢の中 悪夢の中」だけ未読だった私は、古本屋巡りをしていた。
すると彼女の会社の人にも三原さんのファンがいて、本を貸してくれると。
有難かったです。

そして8年前の今日は相方と私が初めて三原オフで会った日。

結婚するかも…と彼女に打ち明けたとき、真剣に心配してたっけ。
三原ファン同士っつうのはどうかと(笑。
いいやつだ。

我が家には「ルーとソロモン 3巻」のコミックスが4冊ある。
(もらっていいのか?)

|

« よよよ | トップページ | 門司港れとろ »

コメント

出会ったのは、今日だったっけか?
月日がたつのは早いね~。
あの時の気持ちを忘れずに・・・ね。

投稿: 芋 | 2006/11/17 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15665/12636805

この記事へのトラックバック一覧です: 届く:

« よよよ | トップページ | 門司港れとろ »