« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/29

なんやかや

新幹線からの投稿もわやわやですね、このままほっておこう(こればっかし)。


大阪総括

2年ぶりの梅田で迷う。なんじゃこりゃ。

行った日に不幸があり、姉(東京出張中)&母の代行でお通夜に行く。
姉と体型が一緒で良かった。喪服は姉のを借りたけどコートとバックは甥のを。

入院している母の病院には日参。
眼の見え方が悪くなっているようで、私の顔も目鼻がわからんとな。
眼科で見てもらったが、どうやら窓側から通路側へベッドが変わり、暗くなったのが原因みたい(おいおい)。明るくしようねー。
携帯の待ちうけ「バムセ」を見せると、
「生きてるブタかいな?」って、かあちゃんーーー。

捻挫で足が弱っており、退院してからの歩行が不安なので、リハビリも頼んだ。ゆっくりなら歩ける歩ける^^。
やはり透析生活に突入するということで、食事なども含めてケアマネの人に改めていろいろお願いする。
「新 ブラックジャックによろしく」がまさに糖尿病性腎症の話だったりする。うむうむ。
自宅にある血糖値を計る道具を借りてきた、自分の血糖値も変だ、なんで起きぬけが一番高いんだ?あ?

4月中には退院できそうだけど、どうかな。
検査してみると頚動脈が少し細くなっているらしい、ぐぐるぐぐる。

そーそー、2年も関西ネイティブから離れているとインパクト強いですねー、大阪のおばちゃん達すごいわ。
母の向かいの患者さん、一度つかまると長い。
お父さんのことから息子のこと、お父さんの弟さんのことまで細かく教えてくれる。
こんなおばちゃんがネットで「おしえてちゃん」の相手をしてくれたら幸せなのかも(違。
姉に このおばちゃんの話をしたら、「あぁ、お父さんの一回目の卒中のときは旅行中やったんやろ?」って、おばんちゃんぜんぶかい。

そして今回一番ガンバレ~!だったのが12歳のビーグル犬ロッキー君。
母がいないのでストレスから下痢、散歩が大変でした。
お尻ばかりを見ながら歩いていたので、毎回迷いましたよ。

さて、
今回の土産は時間が無くって(いや、ま、時間はあったんだろうが、、、予約できてなかったんだしな、ふん)、
大阪駅のイカリスーパーで「いかなごのくぎ煮」、駅中で「赤福」を買ったのみ。
551も忘れたー。阪神のイカ焼きも忘れたー。うすい豆もわすれたー、あ゛ー。

でも、阪急そばで うどんは食べたし(5分)、揚子江のラーメン(10分)もひさびさに。
たこやきは歩きながら、お好み焼きは東京から帰ってきた姉の手製で。
私には小麦粉の血が流れている。

甥のノートPCにセキュリティーソフトをインストールしてあげてるときに眩暈?いや地震。長かった。
北陸地方のみなさん、被害がこれ以上増えませんように、、、。
能登半島には28歳のときに「あてのないひとりたび(こればっかりやな)」に行ったことがあり、朝市で竹輪を買い灯台下でむしゃむしゃ食べた記憶があります。
また行かなくては。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/25

なんで〜

新幹線の車中です。帰りは、のぞみで!…のはずなのに、米原に止まります。
指定席を六時で取ったのに、のぞみ100号がいない?
まじですか〜

ゆうがたろくじは、じゅうはちじー!


ひかりに飛び乗り、なんとか自由席に座れたけど…


米原に止まるのに、品川には止まらないのね〜

米原のたたりか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/21

草津

大阪に向かう新幹線こだまの車中です。ぷらっと。
昨日の文章も、めためたですね、そのままにしておこう(笑。
確か二十年ほど前の今日、友人と思い立ち、深夜の電車に乗りこみ、宛のない旅に出たのを思い出す。


時刻表を開き、知っている地名の駅で降りた(無謀である)。なんとかビジネスホテルにチェックイン、朝になったら散策しよう。
わくわく草津、温泉だ〜。

早朝、ホテルの近くにある本屋でガイドブックを立ち読み。
なんか変?ここは何処?

草津温泉は群馬県?
ここは滋賀県の草津?どうやら温泉はない、長崎屋はある。

気を取り直して新たな旅路を模索する。ひとまずバスなぞに乗り寺詣で。
さらに新幹線が止まる「米原」には何かあるかも?と一縷の望みを…。


雪、一面の雪…。
歩くこともままならない。

お互いずぶ濡れで米原から別々に家路に着いた。


今日の米原は、ぽかぽかだ。
何かあるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/20

十三

特に今年は阪神間で多くの法事があったでしょう、、、。
あれから十二年ということは、今年は「十三回忌」。
そして今年も3月20日、三原順さんの命日。

はじめて調べてみましたが、「十三仏信仰」に基づいて行う日本独自の法要なのですね、大日如来さんか、、、。
教えなんかいいから、そろそろ化けて出てきませんか?三原さん。

数年前に母方の祖父の法事で五十回忌というのを行った。
(残念ながら私が生まれる前に、祖父母4人とも他界している)
親の五十回忌法要を行えるなんて嬉しいと、叔父が言っていたのを思い出す。

このところ、すっかり落ち着いてしまった各三原ファンサイト。
三原さんのファンも、今は日々の忙しさに追われているだろうから、
それこそ我々が老い、もう少しゆっくりした日々を送れるようになれば、また新たな動きが出てくるのではないか?
…そんなことを妄想してます、どうかなぁ。
60歳になって読むとどんなだろう。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/03/18

おかげで






ずいぶん良くなりました。

流行はピークをむかえたよたう、皆様も気をつけてくださーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/11

たみふる たみふる るるるるる〜

ここに来ていんふるえんざA型とな。三回休み。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/03/08

めずらしく

連続で書いてみたり。
これがblogだ(笑。

今まさに聞こえているのが「ぎょーざ~、ぎょーざぁ~」の売り声。
そう、「さおだけ~ぇ、さおだけぇ~」の調子で、おじさんの声が(もちろんテープだが)。
これは初めてだ、インパクトあるなぁ、売れるのかなぁ。
しかし、さすが都会だ(ちがうか)。


調子というと、昨日のタテタカコさんのCDに、
「うた、演奏、歪み、ノイズ/タテタカコ」とある、歪んでいるのである。
ライブの時もたまに「あれ?はうってるから?」とか思ってたのだが、どうやら意図的に歪んでいるらしい。

なんとなくホンキートンクピアノな感じか。
いや、専門的なことは知らないんだけどね。

ホンキートンクピアノといえば、高校の部活の時の思い出。
先輩の十川さんが視聴覚教室の古い古いピアノで「A train」を弾いてくれた。
ちゃんとホンキートンクピアノに調律?したのではなく、自然ホンキートンク(笑。
味のある演奏だったなぁ、かっこよかったよ。
先輩は、確か中学の時からピアノを習い始めたとか聞いた記憶がある。
さっきぐぐってみてBlogされてました、うよよ。

参考

グランプリの「街が泣いてた」より、「愛はかげろう」のほうがセールスしてしまう、、、(苦笑)
レコード買ったのに、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/07

狼の皮を被った羊

タテタカコさんの新しいアルバム&シングルが今月デル。

まずは初シングルの「ワスレナグサ」。
奈良美智さんのイラストがジャケットで、映画「アルゼンチンババア」の主題歌だ。
これがアンデス民謡の「花祭り」に歌詞をつけたもの。
「花祭り」は中学のクラブで演奏したし、馴染みもあって好き。

そしてツアーが4月からはじまる。
ツアータイトルは「狼の皮を被った羊」うぅーーん、いかす、チリンの鈴か?
ツアーのラストは品川教会だ。行くで!行きまっせ!近くなったし(笑。

アルバムが強烈に待ち遠しい、20日発売とな、うぅーーん、命日。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/03/06

硬い決意?

週末、本宅に帰ってきました。

10日ぶりくらいのマンションのドアノブに袋がブラ下がっていた。
まさか?とは思ったが、やはり「餅」である。
マンションのイベントで年に一度、餅つき大会があるのだが、その おすそ分けの「餅」だ。
イベント当日、留守宅には玄関ドアにぶら下げておくのだが、一週間下がっていたらしい。

硬い。
きな粉とゴマがまぶしてある、でもカビてはいない。
管理人のおじさんには別宅のことも伝えているのにな、ま、仕方ない、ごめんよ餅。
ちなみに相方は、もちはだだ。


まったく関係ないが、今年はコリスマスローズが咲きそうにない、残念。

そして3月だから三原さんへの追悼として期間限定花束を。
相方が三原順さんのファンサイトをはじめて10年になる、
限定の花束ページは2000年からか、、、。
続けていくことが大切だと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/02

こちらがたてばあちらがたたず

3月です、飛んでます花粉。
それでも引越しのおかげで、朝晩の睡眠時間が3時間ほど増えている、嬉しい。

大阪うめだの阪急百貨店で友人達のイベントもはじまった。
1階のアクセソワールにて春モノのコレクション、6日まで。この時期の接客は辛い、花粉ー、がんばれ。

2月になってから大阪の母の具合が悪い。
まず捻挫してしまい、それ以降、血糖値の値が不安定になってしまった。
腎臓の働きが悪くなってきているような気配があり心配していたら、
とうとう糖尿病性腎症にもなってしまった。

そして検査入院の初日に具合が悪くなってしまった、きっと気が抜けたのだろう。
透析をはじめると体への負担が心配だ。

透析を受けている人の4割くらいが、糖尿病性腎症の人達だそうですね。
ともかく血が甘くならないようにしなくてはね。

腎臓病食を調べていると食べ物で人間の体はできているんだなぁと痛感する。
細かく調整すると大丈夫だということは、自分の体に適したものを食べることが一番大事なのだと。
ま、あまりガチガチにしてもいけないが、、、。

姉の高血圧爆弾もこわい。
母の高血圧は姉に、母の高血糖は私に。

どこでもドアがほしい、とてもほしい。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »