« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/30

串 2

長くなるんで分けた。

大阪梅田の「松葉」に入る勇気がなかった、ほぼ毎日、前を通っていたのになぁ。
暖簾の下から熱気が巻き上がってくる、あの独特の匂い。

人が多くなってくると、おっちゃんが
「ダークで!」というらしい。
「暗くなって」というわけではない。
「ダークダックス」の略だ。
その声を合図に皆が四分の一回転するらしい、常連の証拠のようなもんか?
半身で並ぶと、よけいに暑苦しいだろうなぁ。
つい逆に向いてしまうとチュウか?愛が芽生えてしまうかもしれんな。

ダークな寿司カウンタに行ったことはあるが、食べにくいデスよ。
それくらいがいいのかも知れない、食べ過ぎるよりかは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「串」わかり易くて美しい文字だ、美味しいし。

友人に「カツ」というアダ名のご婦人がいる。
大昔(笑)、学祭の打ち上げの宴会中、酔っ払った彼女が串カツを手に
「カツ~!」と一声叫んだ。

翌日から「カツ」と呼ばれるようになった、今も「カツさん」は元気だ。

関西では「串かつ」、関東では「串揚げ」と言う(ような気がする)。
カツさん曰く、「串揚げ」はダメ!らしい。私もそう思う。
なのに日曜、近くの「串揚げ」の店に行った(行ってしまった)。
神戸の本場串揚げ とうたっていたが、だめだった。「串揚げ」はやっぱりダメなのか?

そして、「串カツ」には2通りある(ような気がする)。
単品揚げ、立ち飲み(座れるところも、もちろんある)、ソース2度漬け禁止の安上がりタイプ。
と、
おまかせやセットがメイン、塩やソースなど素材により食べ方が違う、素材を組み合わせているのがある「○○と××のマリアージュや~」のお高いタイプ。

父が好物だったので、小さい頃から連れていってもらっていた
」は老舗だ、お手ごろなんですよ、東京にもできないかなぁ。
もちろん小さいからビールは頼んでない、20歳になった時に連れてかれたのは「吉田バー」渋いわ、吉田さんの本にサインしてもらった、父が常連だったんで。

脱線した。

で、「串カツ」で一番美味しい目にあったのは、「知留久」。
大昔の卒展の打ち上げで友人達と行ってしまった。
覚えているかい芋、imo?カツさんももちろんいたな。

セットにしておけばいいものを、おまかせでGO!
まず1本目!うまぁ~~~い。
大人はこんなに旨いモノを食べているのか?
そして私達も もうすぐそんな大人の仲間入りか?
ガツガツ食べる。
でも、価格がわからない。
時価500円とかのもあるようだ、店の張り紙にそう書いてあるのを見つけてしまった、もちろん1串で。
「大丈夫かなぁ?」と極々小さい声で隣の誰かに呟く。でも美味しい。我慢できない。
若いから、いくらでも入る。
途中でお腹を満たすため、「ご飯はないのか?」というヤツもいた(私だったかもしれない)。
だんだんビクビクしてくる、でも旨い、止まらない。
食べた串を数え、およその金額を想像してみた。
やばいから終わろうー。

ほんまやばかった。
一番美味しくて、刺激的な体験だった。
一人一万以上だった(よなぁ?)

それから怖くてあまり行けてない(笑)。
串に刺さった鳥には良く行くけど。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/08/24

壁に耳あり 障子に目あり 天井にはストーブがあるに違いない

キレのないタイトルやな。

糖尿病 糖負荷検査、、、3回目なのに記憶違いでした。

まず空腹で1度めの採血と検尿。
激甘のブドウ糖ソーダ300ccくらい?を飲み、その後30分おきに採血を5回。
私の腕は、か細いので(ここは笑うとこですよ)看護士さんも嫌がる採血。いや、マジで腕の血管だけ細いんです、以前失敗されて腕が曲がらんようになったばい。今回は上手でした、ちょっとびびってらしたけど。

ま、ともかく前夜の八時から終了までの午後一時近くまで、ソーダ300ccだけでしたので、乾燥ごだまになっていたわけです(かわらんけどなっ)。
それも早く病院に着きすぎて(早く終わらせたかった)外のカンカン照りの中で15分待ちぼうけというオマケつきでございますわよ、あほ。自販機が近くにあったりして蹴ってやろうかと思いました。

詳しい結果は来週だ(こればっかりだわね)。
でも、普通なら血糖値のグラフは一山なんですが、私の今回のは二こぶラクダさんでした。
ぐーーーっと血糖値が上がって、下がって、また上がるのですね、根性あるやん。
たぶん自分の水分を循環させていたんでしょうね。
いや、冗談でなく、よろしくないんですけど、値だけみるとギリギリ予備軍中にいるようです。

教訓!
真夏の糖負荷はもうぜったいやらんぞ。

日曜に鉄板焼きしました。キッチンにいるのが苦痛だったからです。
クーラーの中、ホットプレートで調理って素敵じゃないの。
でも、20Aなんですよね、ブレーカー飛びまくりです。
当然、我慢大会のようになりました、クーラーでは焼けませんから。

そして、始めての経験です。
シンク下の土鍋が逝きました。
カビにやられないように乾燥剤も入れていたのに、追いつかなかったようです。

思えば一人暮らしのときに買った、どでかい土鍋。
お客さんが来たとき用に大きいのを!選んだ自分は可愛いのですが、
一人鍋をするときは可愛い量ではなかったですね。
おかげで大きくなりましたが。

今は二人なのに新しい土鍋は「ちょっと小さめにしようか?」と(笑)。

さらにノートPCが退院です。
秋葉原まで取りに行ってきました。
サポセンはクーラーきいてて極楽でしたが、外はいろんなひとがいてあつくるしいですわたしもふくめてですが。

退院してきましたが、相方は尋常ではない忙しさなので、そのまま放置です。
また私がやらかしてもなぁ。
ノートなのに画面が縦になるのはどうかと。


それにしても今年の夏はこたえますわ~。
絶賛、プチ熱中中です。
皆様もご自愛ください、私にも愛をください(うそ)。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/21

喉かわいた

あちゅい。

明日は糖負荷検査。ブドウ糖を飲んで採血、少し休んでまたブドウ糖を飲んで採血を繰り返すのよ二時間くらい、うふ。

前日の夜八時からは水飲むのもダメなの。
レモンとか梅干しとか酸っぱいものを想像して自分の水分を循環させてるの。梅干しばばぁになっちゃうわ。や〜ね〜^(・*・)^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/15

(・ω・;)

クーラーをガンガンきかせても33℃から下がらない室温、天井からホカホカと熱波が〜。恐るべし木造モルタル二階端部屋日当たり良好。
相方お気に入りのベトナムTシャツのラバープリントが干している間に溶けて引っ付いてしまいました。どうせなら、この腹の脂肪が溶ければいいものを。
ノートPCは保証期間中なんで無償修理でした。HDのデータは死にますが。クーラーも逝かないように祈ります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/08/13

入院

残暑厳しいからでしょうか、ノートPCが入院。昨年12月に来たばかりなのにフォーマットもできまへん。
室温が40℃(無人時)になるからでしょうか?使い方が荒いのでしょうか(涙)定めでしょうか。

ぐずぐず言ってると、相方がメインマシンに私のアカウントを作ってくれました、ありがとう〜。
そのPCは机の下にあり、机上にはコーヒーメーカーがいます。
今朝コーヒーを落とすべくスイッチ入れて隣りの部屋に退避し、相方に「コーヒー落ちてるよ〜」と声をかけると
「どこ?」…と
??どこ?って


床に落ちてるよ…
ポットをセットしてないよ…

微妙にPCには直接降りかかってないけど、コーヒー溜まりができとります。タップが死んでる様子。怖くてマシンに電源いれられへん。
相方は炎天下の中、会社へ…。もちろん夏休みはありまへん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/07

日 本 電 気

やっと社会保険庁からログインIDとパスワードが届いた。
一応無事のようだ。

IDを見て笑った。
N○Cxxxxx、偶然でしょうが、関係ないのでしょうが、笑えた、笑ったらいかんか。
NTTじゃないよ。

20歳の頃の給料って、、、、悲しいなぁ。
(お給料もわかるようになってるんですよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/01

アスコナイ

アスクル大好き、11時までに頼むとキョウクルしで。

なのに、こない。
こんなことは今までなかった、ひどいわ。
安くなってるペットボトルのお茶2Lを12本、ガムテープとか、、、。
連絡もない、なんじゃあすくる。

夕食を作っていてピンときた。
暑いのに冷や汗でた。

あっちに配達されたかもー(号泣)。

デフォルトは本宅の住所で、こっちに来てから「お届け先」を変更してたのに、
すっかり気分はこっちが本宅、変更しないで「注文」ポチっとな。

あーーーーー。

重いから頼んだのに。

うーーーーー。

そして健康診断で再検査の結果は「専門の病院で精密検査してね」でした。
今日、糖尿のほう行ってみた。
空腹時血糖が130であるが、ヘモグロビンAlcは5.1でした。
再来週にまた検査です。

血尿のほうは来週にでもトライ<泌尿器科
姉も血尿出したそうで、離れていても赤い尿で結ばれているのね、、、と冗談は、よしこさん(母の名前)。

疲れた、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »