« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/27

暇なので

連投。
私が大阪にいる間、姉には箱根でストレス解消してもらった。
「ぷらっとこだま」お得やで!とけしかけたら、小田原までの設定は無いそう。で、技?を使って静岡から小田原まで普通扱いのチケで精算。500円ほどしか安くないやん…ort
さらに座席を静岡で移動したと。それも同じ車両で駅に着いた途端に荷物を持って後ろから前に。
怪しい…怪しすぎるでお姉ちゃん…
どうせなら離れ業なら良かったのに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぎゃっぷ

今夜、大阪から、ぷらっとこだまで東京に戻ります。
老母を車椅子に乗せ初めて電車に乗りました、タイミング難しい〜。
海遊館にでも行ってみるか?と思ったけど無理せず能勢の阪急あたりで。
透析の合間をぬって近くの百均デビューも果たしました。
坂道の多い町なので腕痛い(笑。
さらに老犬の散歩。変わり行く町を自分がぐるぐるしたくて歩き回るうちに迷子になる。
用事で久々の本町へ行く。あまりの寂れっぷりに大阪の大変さをかんじております。
大阪は接客が丁寧やな〜丁寧すぎる時もあるけど、自分の中の関西人気質が薄くなってきている気がする、う〜ん。
そして生活の時間帯が六時間くらいずれているので帰ったら時差の調節やな(^_^;
どこやねんここは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/20

いきなり伊勢参り

いきなり伊勢参り
三十ん年ぶりに伊勢参り。内宮のお参りが終わったとたん雨がやみました。


水かさの増えた五十鈴川では身を清める人もなく、御手洗ガートは無人でした。
その川の流れを模した赤福の餡も心もち増量、スタッフの笑顔も絶賛増量中。

伊勢うどんは小さい白なまこ(謎。
で、夫婦岩がこんなに小さいとは、大きくなったんだね私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/19

無題

昨年の大晦日にダージリン(インド)の「チベット難民センター」に行った。(相方のblog)
ガイドのお兄さんがチベットの現状を「ラサはまるでテーマパークのようになってしまい哀しい」と言っていたっけ。

805_3



難民センターでは工芸品や毛糸を作って販売していました。
ヤクやヤギの原毛を洗って乾かし、紡いではセーターや手袋、絨毯を織ったりと
たくさんの人たちが働いていましたよ。
写真は窓の明かりでミシンを踏むおじいさん、チベットの地を知らない子供たち。

こちらで買い求めたマフラーやひざ掛けが今年の冬に大活躍しました。
ほんとうに暖かくてしっかりしています。もっと買えば良かったなぁ。

でもここの施設ではダライラマの写真がたくさんありました。
ブータンの家庭の仏壇にもダライラマの写真があったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/12

鼻全開

今年はすでにクリスマスローズが咲いております。
土曜日に池上梅園に行ってきました、満開でございましたよ。

P1030631

猿となまずの根付です、なんか春っぽいよね。

マスクだけでなく眼帯もしたいなぁ~などと思う今日この頃、
左手の親指の先を包丁で切り込んでしまい不自由でしたが、復活してきております。
で、私は左手で携帯メールをポチポチするんですが、やっぱり普通は右手なのですね?

http://www.news.com.au/perthnow/story/0,21598,22492511-5005375,00.html

0567524700

で、↑これは右脳派か、左脳派か?のテストだそうですが、私はどうしても右回り、、、。右脳しか使ってないかもしれませぬ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/03/04

期間限定花束 2008

今年も始まっております、真っ白になるといいなぁ。

さて、今年はあの「三原順原画展」から10年です。
(参考http://www2.ttcn.ne.jp/~tanu/MIHARA/)
先日地図を見ていて「春日旅館」が載っておりびっくりました。
地方からこの原画展を泊りがけで参加するのに、大勢で泊まる旅館を探し利用したのです。

この頃知り合った仲間は今では年賀状のやりとりだけになった人も多いけど、
その分、年初が楽しみです。
今年はあの十代だった女の子が綺麗なおよめさんば。
もちろん相変わらずの方のほうが多いですけれどね。

10年あっという間ですね。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

大成功

3月なのですね。

体調不良もあいまって2月は不毛な日々を過ごしておりました。
折り重なるように不毛地帯。

でも昨日の夢の中ではヒゲが生えた自分を見てびっくりしていた。
そんなところに生えんでもなぁ。

良かった探しをしなければ。

巷で話題のコレ
作者の籔内佐斗司 氏の作品は嫌いではなかったが、これはなぁ。
無彩色だから良かったのではなかろうか。
どちらにせよ宣伝効果は絶大である。

キャラのバリエーションとして、可愛らしさを強調するのに、
鹿の角をリボン結びにしてみるとか(フィギュアにすると角の強度不足なのでどう?)、
いっそのこと鹿の角切り後バージョン(それはただのボウスか?)も作るとか。

名古屋のセントレアの時みたいに白紙撤回は難しいでしょうね。
でも、もし叶うなら、みうらじゅん氏にこれを超えるキャラをプランしてもらいたい。
もちろんグッズへの展開も含めて。
彼なら奈良のためにノーギャラでするかもしれない?それはないか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »