« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/28

行ってきます

相方の熱い想いに引きずられて行きます、イランです、何というタイミング…。

28日から新年の4日までヴェールを被る日々。ヌルイ戒律のイスラム圏にしか行ったことないので、びびってますが。

でも!このヴェール!ホテルの部屋では取っていいみただけど、それ以外ではマグナエか、スカーフで髪の毛(前髪くらいはいいらしい)や うなじ を隠さなければいけないのじゃ、テヘランで飛行機降りるまえにかぶります。。

そして、膝が隠れるくらいのロングコート(黒)を着用する、これもホテルの部屋以外はずっと。
チャドルと言われるマントを被ればいいのだけれど、現地で買うタイミングがあるかな?
ずっとコート着たままは肩が凝るで。

Photo

写真はマルジャン・サトラピの「ペルセポリス1,2」より

さらにお酒は持ち込みも厳禁、酒絶ちにはええな。
荷物のチェックもきびちいそうで、適当なパッキングでは恥ずかしいのだね、面倒やの。

イランにはペルシャ芸術を見に行くという他に、相方には別の目的があるようだ、阿修羅繋がりだ。

私の場合、萩尾望都さんの作品で最初に読んだのは「百億の昼と千億の夜」だった、少女のような阿修羅が大好きで。もちろん日本の興福寺にいる阿修羅も、みうらじゅんさんには負けるが好きだ。

さらに阿修羅はゾロアスター教の最高神アフラ・マズダー(アフラ アスラ アシュラなのか?)と対応するとのことで、ゾロアスター教の聖地イランのヤズドに行くわけです、濃いですか?ヲタですね、認めます。

そしてゾロアスター教と阿修羅の繋がりは清原なつのさんの作品「光の回廊」がきっかけ、相方の熱い想いはここ。や、ネタ以外の何ものでもないのでしょうが。

そんな あしゅらの下地がある私ですが、以前インドの博物館で見かけた円筒形の施設のミニチュアを「鳥葬の?」とつぶやいたりもしたので、そっちの下地もあるのでしょう(「ムー」とか愛読しているわけではない)#「鳥葬」でぐぐらないようにしてくださいね、えぐいです#

大晦日は「沈黙の塔(鳥葬の施設)」があるヤズドで沈黙の除夜の鐘。

元日はアルミ婚式(10年)をハーフェズな薔薇の都シラーズで迎えます、バラ水で乾杯しましょうかね。

イランはメールも投げられないし、テヘランでは通話も無理かもです(デモのため?)

着いた日には終わってますが、イランのお祭り「アーシュラー」の余韻は味わえるかな?

今年もお世話になりました、みなさま良いお年をです。来年もよろしく!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/12/23

冬至でした

冬至でした
「この!どてかぼちゃ!」…だったと思うのだが、「どでかぼちゃ」なの
か?
いや、メガかぼちゃか…、牧場やりすぎ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/12/20

萩尾望都原画展

萩尾望都原画展
池袋にて。
ステキなはしご、充実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みうらじゅん

みうらじゅん
みうらじゅん
渋谷ぱるこで濃厚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/16

いいやつ

小豆島の「映画村」では魚に餌付けができます、慣れてますな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

瀬戸内の魚はうまい

四泊五日、昨夜帰ってきました。
神戸→姫路→小豆島→倉敷→岡山→赤穂→坂越→明石→神戸 と移動、バス・船・鉄道の乗り継ぎ綱渡り旅。

なぜか最初の小豆島モブログが抜けていて、突然「旭」とか言われてもねぇ。
強行軍に両親も我々もヘロヘロ、倉敷は咳が苦しくてホテルで寝てました。
80歳に私たちの「ざっくり予定 成行き珍道中は酷」です、相方さん。

ずっと和食だったのですが、赤穂の「さくらぐみ」はイタリアン。
ミラノに留学していた友人のオススメもあり、楽しみにしていてました、旨かったです。

写真は赤穂の「義士祭の前夜祭」、
小学生の「書」と城イルミネーションのコラボ、正直。

Photo



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/13

倉敷

倉敷
25年ぶり?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/12

えんじぇるどーろ

えんじぇるどーろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さる るるる

さる るるる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/09

エエェェェー咳喘息

月曜の夕方から咳がではじめ、また風邪かぁ~と。
咳は寝るときにひどくなる、あまり熱はない(低体温35度台)なんで、微熱あることになるのかもだが。
乾いた咳で辛くなる、胸も痛い恋ではない、そして眠れない。

金曜から両親との旅行なので、治してしまわないとキツイ。
市販薬で抑えておき、火曜に珍しく近くの病院に行ってみた。

保険証忘れた、午後から出直し  ort

気を取り直して、、、

徒歩6分の病院、初めての所だったけど、検索してたら呼吸器専門の先生が午後からの担当みたい。あぁ、この先生に出会うために保険証を忘れたのねん。

しばらくブリに患者の目を見て診てくれる先生に当たった。
色々と生活環境とか、アレルギーのこととか細かく症状を聞き出してくれて丁寧な対応。

「咳喘息だと思われます」

エーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

このブログを始めた日の記事
咳が一番ひどい時だった、かなり長引いて肺に影が残ってたほど。
それから毎年のように空咳で辛くなる、そうか!そうだったのか!

まだしっかりとチェックできてないけど、「咳喘息」には咳止め(飲まないほうがいい)とか、風邪薬は効かないらしい。
なるほどである。
フルタイド(ステロイド)の吸引したら、楽になってきた、効く。

原因はわからないけど、私の場合は「冬の乾燥した空気」や「タバコの煙」が怪しい。
益々マスク度が高くなるやん~。

先日マグナエを買った、仕度である。
マグナエしてマスクか、、、こうなったらチャドルもか!
マスクも黒いの探してみるかな、やりすぎじゃわ。
あったw)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/12/03

グラン・ジュテ

NHKで10月からはじまっている「グラン・ジュテ」を見るようになったきっかけは、初回に山口さんが取り上げられたから。
バングラデシュに2年前に行ったとき山口さんのバックブランド「マザーハウス」を知り、サイクロンの災害で奔走している彼女のことを忘れられなくなった、相変わらず強くて素敵。商品はどんどん素敵になっている。

よく働く友人がいっぱいいるので、いつかこの番組に取り上げられる知り合いも出てくるのでは?と思ってる。
最近TVでよく見かけるスープ星人とか、もう打診あったりして。
渋い世の中で目いっぱい がんばっている人を見て我が身を振り返るのだが、、、逆効果か(笑。

自分はいまいちジュテもできとらん、助走もな。
振り返っていてはイカン、まず前を向くのだ、なう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »