« 900回を超えました | トップページ | messages for Japan »

2011/04/12

Die Energie 5.2☆11.8

三原さんのファン仲間には必要ないんだけども、自分の友人のために相方の日記やレビューのリンクを貼っとくー。

相方の「三原順メモリアルホームページ」の'98年メモノートに、この作品についてのレビューがある。
Die Energie 5.2☆11.8/三原順

原発がらみの漫画なのでこのごろTwitterで ちらほらポストされているのも見かける。

'82の作品で、当時の少女マンガでも異色の内容でした、約30年前ですね。
スリーマイル後、チェルノブイル以前の作品です。

現在入手するなら、「三原順傑作選 (’80s) (白泉社文庫)」に所収されている。

タイトルの意味するところは、

人々が購入した5.2の電気を生むためには17のエネルギーが投入されている。 つまり、発電用エネルギーや送電ロスで使われずに失われたエネルギーは

17-5.2=11.8

内容は相方のレビューを…

*

さらに相方が土曜に更新した日記 http://tateno.txt-nifty.com/blog/2011/04/post-e7d8.html

福島の原発は関東のためだけに電気を作ってくれてました。
なのに福島の人がこんな目にあっている、故郷を追われるなんて悲しいよ。

そして今日はチェルノブイリの事故と並ぶ深刻度レベル7のレッテルが貼られてしまった。
レベル7の上は今のところない。

先日、そば屋で隣のおばさんが「原発ってスイッチ切ったら止まらないの?」って聞いてた、やるせない。

廃炉まで30年はかかるだろう?と言われている、10年でやってみせると東芝や日立が動いているが…。

今からでもいいから、真実を知らせ続けて欲しい、頼む。

|

« 900回を超えました | トップページ | messages for Japan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15665/51213728

この記事へのトラックバック一覧です: Die Energie 5.2☆11.8:

« 900回を超えました | トップページ | messages for Japan »