« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/29

再び 「Die Energie5.2☆ 11.8」

びっくりした。
先日コレを書いたばかりだが。

またもやtwitterネタですが、昨日こちらをきっかけに、
今も止まらないRTのドミノ倒し。

さらにこれを受けてアマゾンで三原順さんの文庫が売れて在庫ナシになったりしておる。
twitterなんて狭い世界のことだと思ってたんでびっくりしている。

ノリでRTしているだけの人も多いだろうけど、その中から吟味して、
手作業でこつこつまとめてくれている方がいて有難いです、こちら↓。

いまだからこそ読み返したい三原順作品 「Die Energie5.2☆ 11.8」

みなさんのツイートを読んでいると、「予言だ!」とか言われているけど、予言でもナンでもなくて、あの頃から変わってないということなんだけどね。

きっかけはともかく、三原順さんが再評価されるのは嬉しい。
大きな声で言いたい、私は三原順さんの作品が大好きだー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/13

messages for Japan

messages for japan

Google日本の仕事が沁みる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/12

Die Energie 5.2☆11.8

三原さんのファン仲間には必要ないんだけども、自分の友人のために相方の日記やレビューのリンクを貼っとくー。

相方の「三原順メモリアルホームページ」の'98年メモノートに、この作品についてのレビューがある。
Die Energie 5.2☆11.8/三原順

原発がらみの漫画なのでこのごろTwitterで ちらほらポストされているのも見かける。

'82の作品で、当時の少女マンガでも異色の内容でした、約30年前ですね。
スリーマイル後、チェルノブイル以前の作品です。

現在入手するなら、「三原順傑作選 (’80s) (白泉社文庫)」に所収されている。

タイトルの意味するところは、

人々が購入した5.2の電気を生むためには17のエネルギーが投入されている。 つまり、発電用エネルギーや送電ロスで使われずに失われたエネルギーは

17-5.2=11.8

内容は相方のレビューを…

*

さらに相方が土曜に更新した日記 http://tateno.txt-nifty.com/blog/2011/04/post-e7d8.html

福島の原発は関東のためだけに電気を作ってくれてました。
なのに福島の人がこんな目にあっている、故郷を追われるなんて悲しいよ。

そして今日はチェルノブイリの事故と並ぶ深刻度レベル7のレッテルが貼られてしまった。
レベル7の上は今のところない。

先日、そば屋で隣のおばさんが「原発ってスイッチ切ったら止まらないの?」って聞いてた、やるせない。

廃炉まで30年はかかるだろう?と言われている、10年でやってみせると東芝や日立が動いているが…。

今からでもいいから、真実を知らせ続けて欲しい、頼む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/08

900回を超えました

地震 雷 火事 親父

もう圧倒的に地震が怖いです。

http://www.japanquakemap.com/
11日から昨日までに900回、ビジュアルにするとわかりやすい。

東大寺では一億円を借金して義援金にあてたとか。
今日は潅仏会ですね。
大仏のように揺れに負けないよう、どっしりしなくては(太るというわけではない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »