2010/12/04

樫野崎で

金柑ソフト

7A46402B-A65C-4AB4-9010-F225D79821B4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

太地町で

くじら。
シーシェパードには遭遇せず。

ちなみに中3の時のあだ名がくじらでした。

9E579B27-2814-4F6C-A69C-718E0ABD1459

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/03

熊野

79A681FC-47FB-48E0-9F86-F970113B203B
熊野では八咫烏

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白浜

アドベンチャーワールドでパンダ。8E30A9A2-DCBD-471C-BF8D-18DB35FDCD37

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/12

こっこ

ばたばたしている中、これだけは外せないと、zepp TOKYOにcoccoのライブに行ってきた。
先行販売で当選し、1Fのスタンディングで臨んだ。
まぁ、坐骨神経痛もあるので、立っているほうが楽なんである。
(ちなみに坐骨君、右から左へも拡大中で、ほぼ両足・両臀部が痛む痺れてる状況、あうう)

さて、3年ブリのcoccoである。
入るのに待っていたら、背中をこつかれた。
なんと懐かしのお嬢様、こちらは10年ブリである。
3000人くらいは入る箱なのに、何の因果(笑)でしょうかね、三原とcoccoか?

ライブは60分の予定が120分の大大大サービス、歌いっぱなしでもうありがとうがいっぱいでした。

偶然の出会いのお嬢様と、もう少しお話できれば良かったなぁ!とか思いつつ帰りの駅へ向かうと、
エスカレーターで奇跡の再開(爆笑)、恐ろしい因果である。

しかし10年以上会ってなくても、変わりなくお話できるのは、それだけ濃いchatやらをしていたということでしょうか。
さらにちなむと前日の11月10日は、あのおでんの日(謎ばかりですみません、相方やお嬢様達と初めて東京でオフした日なのです)。

月が遠くで呼んでましたか?
今回はマフラー飛んできませんでした(謎)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/17

脱出

昨日は銀座松屋の「ゲゲゲ展」へ。
暑いので脱出です、自分が醸されてはねぇ。

土日は混雑で2Fから8Fまで列ができたというのですが、平日でも混みあってました。
以前、塩釜の「石の森萬画館」を訪れたとき、偶然「水木しげる展」をやっていたのだけど、そのときの展示ブツもあった気がするブロンズの妖怪とか。

原画もたくさんあって楽しかったのだけど、サイズが小さいような気がする、等倍?。
ドラマのオープニングのつかみに使われている、絵の具の瓶が何か象徴的なのかな?とか
思っていたのだが、カラー原画を見て少し納得でした。

墨で濃厚に描かれた線画に ぎりぎりの淡さで効果的に色をのせている。
淡い色のほうが誤魔化しがきかないですよね。
色出しに妖怪への「愛」を感じました、うまいなぁ。
図録がなかったのが残念です。

松屋で涼んでから、
久々にアップルストアなどもひやかし、松屋うらにある「neuhaus(ノイハウス)」で休憩。
ベルギー王室御用達のショコラ屋さんだけど、なんとカフェもある。

Photo

限定のパルフェは残念ながら終わっていたけど、グラニータ(相方)とショコラ フロアのオレンジを。
うみゃーい。

チョコレートは薬なのです、糖尿病にも効くのです(うそ)。
でも、たまにはなぁ(たまではないか)、いや、もういいの!

冬にはフォンダンショコラも!

秋冬が待ち遠しいーーふはっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/14

白と黒

ホワイトデーなので横浜にお墓参り。 鎌倉の銀杏が気になると八幡宮へ足を伸ばす。 途中で桜パフェをホワイトデーのお返しにご馳走になる、鎌倉らしいぞ。

2

本来の目的を果たすべく八幡宮の境内に向かうと、途中に美術館があり、ふと足を止めると「松谷武判展」の文字と、見覚えのある黒い帯。

Photo

わ!以前パリのアトリエにお邪魔して、ご飯をご馳走になった人かも!と。

15年くらい前。 会社を辞めてヨーロッパに行こう!と計画していたら、当時お世話になっている西宮のアクセ工房の社長が、パリ在住の松谷さんを友人だから会ってきて!と紹介してくれたのでした。

パリのアトリエに着くと、フライパンで茶を焙じて南部鉄瓶で美味しい御茶をいれて下さいました、なんたるもてなし。 そして壁には黒い帯が鈍い光沢を放っており、机の上には鉛筆がゴロゴロ。 記憶は曖昧だけれど、ゴム樹脂で描いたりされていたような気がする。 キャンバスに木工ボンドで膨らみを持たせ固めて、あとは鉛筆の線を重ねて漆黒の面をつくっていく、気が遠くなるような作業。 今回の個展で、そのころの作品も展示されていたような気がする。

そしてアトリエを出て、ミュシャの絵が多数飾られたレストランで美味しすぎるベシャメルソースのグラタンなどご馳走してくださった。感激した!未だに超えるグラタンに出あってない。

私の記憶はいつも「何を食べたか?」で手繰られていくのだけど、あの日の「お茶」と「グラタン」と「白と黒のインパクト」は素敵なセット。 固有名詞をなかなか覚えない人間なので、お名前をいつの間にか失念していましたが、これでまた鮮やかになりました。(失礼なやつだ、つくづく)

今日の記憶は「豆苗の卵とじうどん(自作)」と「桜パフェ」と「串かつ」に松谷さん(作品)との偶然の再会。 八幡さまの銀杏は見えないように配慮されておりましたが、お墓まいりも含めて充実した一日でありました。 いろいろとご馳走さまでした<相方さん

---------------------------

松谷武判さんのweb page

印刷物やwebの画像では再現できない現物の力をまた味わってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/25

漢方薬が保険の適応外になる?

「事業仕分け」で、いつの間にか決まりそうだとか。
それは困る!

署名運動しているようです
http://kampo.umin.jp/contents02.html

わけがわからないままですが、取り急ぎです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/18

ソウルに出張中の相方から「寒い~」とメールが、街中の紅葉が綺麗だそうだ。
でも東京は暖かくて、部屋の温度は30度近くになる。
さらに蚊がまだいる、いっぱい刺された。

9月に京都に立ち寄ったとき嵯峨野の人が、
「今年は雨が少なかったから、紅葉はダメかなぁ~、ここ数年は色づくのは12月」とか言ってた。
「川には年配の人も見たことがないほど水草が生い茂り、どうにもこうにもですわ」とも。

そういえば、10月に急に寒くなって、また暖かくなったんだった。
公園の桜が狂い咲きしてた、いや、狂ったのではなくて、正直だっただけやんねー。蚊も? 

街路樹も茶色になって散っている葉っぱが多いような気がする。
12月に紅葉かー、もっとズレて1月にはお正月と紅葉~とかになるんだろうか。
今年は神宮外苑にでも行ってみるかな。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/09/02

解決

一人でじたばたしていますな。
昨日の「練習」は、中目黒にあるカフェ&レストランが閉店パーティーやってて、そこの牛さんでした。

で、携帯のアドレスの件、解決しました。
相方が2年前のバックアップデータを掘り起こしてくれました(嬉泣)
んでも、それとなく古いんで懐古的に楽しんでます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧