2008/07/04

ガラスの仮面

4年ブリに再開だそうですよ奥さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/12

ガンダム

わたしゃ1stガンダム世代です。
中3の時に「行きま~す!」と輪ゴム鉄砲で追いかけられたよ男子に。
そして、それは捕鯨だったそうですわ、私が鯨だということですな。

ま、それはともかく。
当時、こんな時代が来るとは思わんかったぞ。
キティーちゃんならわかるが(わかりたくはないけど)、そうか、こうきたか。ダイヤはいるのか?

プラチナの新しい価値かぁ、バンダイの資産運用なだけじゃなかろうか?ま、どうでもいいが。

「白金」は白い金ではなくて、プラチナですね、それも純度の高いヤツ。
プラチナジュエリーで使うのは、純度850くらい、ピュアプラチナ商品で純度1000とかもあるけど、これはどう?どうせなら1000で!

‥というのも、プラチナの地金価格が、ここ数年とんでもない上昇カーブで店頭のプライスを時価にしたいくらい。
特にブライダルリングはプラチナ商品が多いから、プライスリストが大変でしたね(過去の話だ、ふん)。
日本人はプラチナ好きですものね、私のマリッジは「グリーンゴールド」ですが(ジオデシックのだ)。

紛らわしいのは「ホワイトゴールド」(ホワイトプランじゃないで)、これはプラチナっぽい色にするために、ゴールドに混ぜ物してるんですな、このところプラチナの代わりに増えていますね。これを文字通り、「白金」と間違えてる人がけっこういるんだわ。もちろんプラチナよりも安いです。

このプラチナガンダム、サイズと重さから中空ですよね。
ガンプラみたくワックスパーツ作ってロストワックスかなぁ、、、。
それだと他の金属でも作れるよねぇ。型代償却するのに、、、、ぶつぶつ(やめよ)。
可動域は、、、ぶつぶつ、、、、。


ハクキンといえば、ハクキンカイロですな。
来年はこれが欲しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/01

蟲メモ

うにゃー

http://www.asahi.com/culture/nikkan/NIK200607280026.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/02/06

蟲師

ずいぶん前から、アニメの蟲師が始まっており、実写の映画も今年封切りという予定ですね。
オダギリジョーがギンコという噂ですが、どうなることやら。

アニメのほうはレベルが高く、忘年会で久々に会った某氏も絶賛してました。
なんせ放送時間が素敵です。
夜中の4時(朝か?)くらいです、日曜ですが、起きて見たことはないです。

早起きの年配の方をターゲットにしているのでしょうか?なわけないですね、
夜なべのおかあさんにギンコの魅力をアプローチしているのでしょう。
一度はがんばって起きて見たいです、オールでカラオケしたときにいかがでしょう。

蟲師空間というサイトもありますね。
キンチョーさん、ギンコのキャラで、何か作ってみませんか?(いよいよ違うな)

じつは私、溶接の免許も持ってますが、
虫博士の免許も持っています。
(昔、キンチョーがキャンペーンでやってて応募しました、確か、虫博士とかいう名前だったと(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/22

赤々丸 復刊

あぁ、読マンガの秋。

先日ずっと我慢していた「あすなひろし全集」を4册買ったので、今月はもうダメー。

なのに、「赤々丸」が復刊だなんて!きゃー
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=279

処分してしまったんですけど、やっぱり手許にいてほしい、めね田おたべ。
どうしよう、どうしよう、、、。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/08/05

夕凪の街 その2

東京新聞4日の朝刊で、こうの史代さんが取り上げられていた。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/thatu/20050804/mng_____thatu___000.shtml

映画化、海外での出版などが計画されているのですね。

まだ読んでないかた、ぜひどうぞ。
夕凪の街

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/07/05

ギンコがしゃべる

え゛ーーーーっつ!蟲師が今秋アニメ化!?

蟲師6巻

複雑な心境でございます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/05/30

あれはたぶん

NHKの「おしゃれ工房
ネコの写真講座の内容で、八二一(はにはじめ)さんが出演されてました。
動いている八二一さん達を見るのは初めてです。

ちなみに明日は犬編ですよー、えみつぁん、あろまるさんー。

三原順さんのファンであるところの八二一さんのアトリエ内部の場面になると、細い眼を見開いて壁の本棚を探す、探す、探す。
挙句の果てにテレビの前にかじりついて探す(よけいわからん)。

…あれはきっと愛蔵版じゃなかろうか、むふふ。

「AKIRA」はでかいのでピンがきてなくてもすぐわかったよ。

そういや某掲示板で、ドラマを見ててマンガ雑誌の背表紙のイラストがマックスだったと、そんな書き込みもありましたね(^_^;)。

それにしてもNIFTY(ココログ)重いぞ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/01/04

ヴィンランド・サガ

プラネテスの幸村誠さん。
新撰組の読みきりの次は期待の連載物(4月からの予定)
「ヴィンランド サガ」はヴァイキング物のようです。
ソース http://muchan.net/diary/cgi/dview.cgi?id=mad-a&ymd=20041231

これが何と週間少年マガジンですと。
これは買えないなぁ、、、。
立ち読みも出来ないし、うにゃうにゃ。。。

バイキングといえば、ビッケ。
そして新阪急ホテル(だったかな)のバイキング料理。

ちなみに
ヴィンランドvinlandは [ブドウの国 (ニューファウンドランドみたいです)]
サガsagaは[ (北欧の)武勇伝説; 系図小説, 大河小説; 〔戯言〕 (くどい)苦労話]
くどいほどの長期連載は困るけど、
幸村誠ヴァイキングは渋いでしょうね、楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/29

あすなひろし  BSマンガ夜話 29日

NHK BS のマンガ夜話
あすなひろし先生登場ーーーーーーーーーーーーっ!興奮。
「青い空に白い雲がかけてった」は黄金時代に週間チャンピオンで連載してました。

花とゆめでも初期に連載読みきりがありましたね、
絵もお話も繊細で儚げで大好き、
コントラストのきいた画面構成がわたしの心をわしづかみ。 
一番好きな作品は「かたばみ抄」(1980年マンガ少年)だったりします。

エンターブレインから作品集が出ておりますが、
あすなひろし追悼公式サイトでは
2002年から「「あすなひろし作品選集」を刊行されています、もちろんすべて購入しております。
未収録作品などを大変な労力で編まれております、有難いです。

あすなひろしさんも2001年に亡くなられてしまいました。
もっともっと評価されて良い作家だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧